あさいこどもクリニック

あさいこどもクリニック

077-572-5800
ワクチンについてワクチンについて
ワクチンについてワクチンについて

ワクチンについてAbout vaccination

定期接種

国や自治体が「受けるように努めなければならない」と強くすすめている予防接種で決められた期間内なら無料で受けられます。
診察案内はこちらから

任意接種

希望する人が受ける予防接種で費用は自己負担となりますが、お子さまが重症になったり合併症で後遺症が残る可能性がある病気ですので接種をお勧めします。
診察案内はこちらから

任意接種
NPO法人 VPDを知って、子どもを守ろうの会
【 NPO法人 VPDを知って、子どもを守ろうの会 】
ワクチンで防げる病気の解説や、ワクチン接種スケジュールについての案内があります。

生後2か月になったらすぐ始めよう|予防接種のよくある質問FAQ

なぜ予防接種

なぜ予防接種って受けるの?

お母さんからもらう免疫は、時間の経過とともに失われます。それからは赤ちゃんが自分で免疫をつくって病気を予防しなければなりません。その助けとなるのが予防接種です。予防接種の目的は「ワクチンで防げる病気」を予防することです。とくに乳児は感染症に対する免疫が未発達のため、ひとたびかかってしまうと重症化しやすく入院が必要になったり、命にかかわったりする場合があります。「ワクチンで防げる病気」にかかりやすい時期になる前に予防接種で免疫を作れば、病気の発症を抑えることができ、もし発症しても軽く済ませることができます。あらかじめ予防接種で免疫をつけておくことが大切です。特にヒブ、肺炎球菌、ロタウイルス、B型肝炎ウイルス、百日せき菌による感染症は生後6か月になるまでに、必要な接種回数を済ませておきましょう。
一人一人が確実に予防接種を受ければ、まわりに病気を流行らせる心配もありません。まずは保護者が予防接種について意味や内容を理解し、そしてかかりつけ医と相談しながら積極的に受けましょう。

副反応が心配

副反応が心配です。

ワクチンを接種すると、熱が出たり、注射したところが腫れるなどの症状が出ることがあります。これらの反応のうち、ワクチンとの関係が否定できないものを副反応と呼びます。予防接種は病原性を弱めたワクチン(生ワクチン)や、病原体を処理し必要な成分のみを取り出したワクチン(不活化ワクチン)を体に入れることで、免疫をつくろうとするものです。そのため体が反応して何らかの症状が出ることがあるのですが、ほとんどが軽く数日で自然に回復するものですから、過剰に心配する必要はありません。ただし、接種後の30分は病院で待機するなど医師とすぐ連絡が取れるようにしたり、接種に関して気になることやご心配なことがある場合には医療機関に相談しましょう。

小さな赤ちゃんに複数のワクチン

小さな赤ちゃんに複数のワクチンを接種して大丈夫?

小さな子どもは免疫が弱く子どもがかかる感染症には重い病気が多くあります。かかってしまうと、最新の医学でも良い治療法のない病気もいまだにあります。ここ最近、ありがたいことに日本で接種できる新しいワクチンが増え、「ワクチンで防げる病気」が増えました。生後6か月までに受けたいワクチンは6~7種類(接種回数は15回以上)もあります。多数のワクチンを1本ずつ受けていては接種が遅れがちになり、確実に「ワクチンで防げる病気」を予防することができなくなってしまいます。保護者の方も毎週接種のため通院しなければならず、たいへんです。そのうえワクチンを後回しにしたために「ワクチンで防げる病気」にかかってしまったら・・・。そのようなことのないように、一度に複数の免疫をつけられる同時接種をおすすめします。

あさいこどもクリニック院長 浅井大介

ワクチンの同時接種について

同時接種は、安全性も単独接種と変わらないため、日本でここ数年増えてきたのですが、世界では当たり前のこと。欧米では生後2か月の赤ちゃんに6種類のワクチンを接種しています。世界中の小児科医が同時接種を実施しているのは、予防接種スケジュールが簡単になり、接種忘れなどがなくなる(接種率があがる)だけでなく、早く免疫をつけ「ワクチンで防げる病気」予防するためには必要だからです。

あさいこどもクリニックについてAbout us

※表はスライドしてご覧いただけます。
診療時間 日祝
9:00〜12:00
14:00~16:00
17:00~19:00

は予約制:予防接種、乳児健診、専門外来
※ 休診日:水曜日、土曜日午後、日曜日、祝日

あさいこどもクリニック

〒520-2141
滋賀県大津市大江7丁目6番46号

お問い合わせ 
077-572-5800

ご予約はこちら
TOPへ